« 防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~ | トップページ | 「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」上映会 »

命の重み

ずっとここに書き込めなかった・・・・。

シリアに拘束の後藤健二さんの解放を祈り、世界中の人がメール等に署名したり、それぞれができる事で動いた。しかしながら、2月1日の早朝(この日は私の誕生日・・・)に後藤さん殺害の情報がひっきりなしにラジオから流れた。

命の重さを改めて思った。

そして現地には、普通の市民の女性やお年寄り、こども達が毎日おびえて暮らしている・・・。

私たちは何をすれば良いのだろう・・・。

世界中で紛争が起きている。

考え方の違いから、ただ普通に暮らしたいと思っている人々や子ども達が殺されたり、少年兵にさせられたり・・・。

ただ学校に行きたい、勉強したいと願う少女達が狙われたり、多数の少女が誘拐されたり拘束されたりしている・・・。

私たちは平和な日本で三度おごはんも食べられ、学校にも行ける。毎日の爆撃の恐怖などTV画面の中。私たちに何が出来るのだろう・・・。

この1ヶ月日本の国内でも、国立大学の学生が人を殺したかったと何の罪もない高齢女性を殺したり、中学1年生の男子生徒が殺されたり・・・・違う形で、命を考える事が多かった。

そして3月。11日には東北の震災から5年目に入る。

津波で多くの人が亡くなり、残された人々も心の復興も含めて、まだまだ進んでいないこの現実。福島の原発の問題は何が片付いたのだろう・・・。

心から笑ったり、泣いたりできない日々が続いている。

それでも生きていかねばならない!

それでも暮らしていかなければならない!

|

« 防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~ | トップページ | 「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命の重み:

« 防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~ | トップページ | 「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」上映会 »