« 2014年忘れてはいけないこと | トップページ | 命の重み »

防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~

平成27年1月25日(日)市民会館小ホール

主催 愛知県・日進市・一般社団法人消防科学総合センター

講師 池田恵子氏(静岡大学教授)

「男女双方の視点で、災害に強い地域づくりを」テーマに防災セミナーが行われ、特に地域の防災組織や避難所運営組織に女性の視点が取り込まれることがいかに大事かを様々な事例を元にお話をされた。

阪神淡路大震災から、20年目の節目の年でも有り、阪神淡路の例、各地の地震災害や土砂災害の例、東日本の例など、なるほどその通りと思うことがお話にたくさん出てきた。

避難所は身動きとれないような多くの人が利用することになる。その中で授乳室、着替え室、暗がりに設置されるトイレの安全性、赤ちゃん連れや車いすの高齢者、障がい者の方への配慮が出来るかという時にやはり、避難所運営委員の仕切れる立場に女性が必要だと言う事例をききながら、正にそうだと思い出したことがあった。

20年前、神戸にボランティアに行った時も、特に女性達から、それぞれの年代に必要な衛生用品が本当に不足していたり、赤ちゃんのほ乳瓶を消毒できず、ミルクは来たけれど本当に心配だという声をよくきいた。

神戸の女性団体とつながる事が出来、必要なほ乳瓶のつけ置きするタイプの消毒液をたくさん送ったこともあった。

日進ではこうした声を行政に届け、早い段階で高齢女性の衛生用品や、粉ミルクとつけ置き消毒液はセットで備蓄倉庫においてもらうことが出来た。

また防災会議の委員にも女性が少ないこと、地域の防災訓練も女性は炊き出し、男性が力仕事という性別の固定化も見直すべきというお話があった。

特に満席の客席は男性のそれも役員ぽい方が多かったので、このテーマで聞いていただけたのは良かったのではないかと思う。

言われてみれば防災の研修は多いけれど、実際に避難所となる小学校の体育館を仕切ったり、いざという時どうするかという訓練はしたことが無いねという話があちこちの席から出ていた。

実際に避難所になるときの模擬訓練の重要性を痛感した。

|

« 2014年忘れてはいけないこと | トップページ | 命の重み »

コメント

日進市議会議員

白井 えり子 様


県幹部は、税金を詐取する名士達のお手伝い。 そちらは大丈夫?

事例紹介  スーパーマーケット A の場合

スーパー A の規模は(国内)中規模。B店舗に接する県道が拡幅され
た。 なお、同拡幅計画は店舗建設のズ~ト以前のこと。

補償

拡幅部分が店舗の一部にかかるとして、店舗切り取り ・ 同改装費、同
基礎工事費、休業補償等々、考えられる限りの補償名目が並ぶ。

リニュ-アル

A は、同県道に接する部分を出入り口に変更等々、大幅に改装。

実際の店舗

店舗は、県道拡幅計画部分を避けて建設されており、補償対象とされ
た切取り部分には、鉄骨を組んだ工作物に電飾看板が取り付けられて
いた。

つまり、拡幅前の店舗と県道の間には、工作物のみ。切り取ったとされ
た ・ 補償対象とされた店舗は存在せず。 全て、補償金を狙った作文
だった。

議会は承認

県幹部は、Aによる「血税を騙し取る計画」に協力し、議会に作文を提
出して承認を得ながら、 当会の指摘に対し「議会で承認されている」と、
議会のチエック体制 ・ 制度そのものに問題があると、責任転嫁主張。

現場技術者から聴取

現場レベルは、同部分を工作物として処理しており、店舗認識は全く見
られなかったが、上層部が店舗として処理している事を知り、愕然とする。

公表は

利用されただけ、と見られる職員が円満退職 ・ 再就職するのを待った。

また、こういった不正は一地域 ・Aだけの問題ではないため、手口を放
置する ・ 防止策を講じなければ、詐取が繰り返される恐れが高い。

膨大な借金

国民は、1000兆円を超える借金を背負わされており、今後も増え続
けるといわれ、子孫の収入までも食いつぶさんとする様相であり、税
金の配分 ・ 膨大な借金の中身 ・ 議会のチエック体制の不備等に問
題がみられる以上、使途 ・承認について厳しい目を向けざるを得ない。

よって、粉骨砕身でお願い致します。

追伸 先生にご連絡する術を見つけられず、やむなく本欄を利用させ
    ていただきました。
    悪しからずご理解下さいまして、ご一読後削除下さいますようお
    願い致します。

投稿: 大神 惟照 | 2015年7月 9日 (木) 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~:

« 2014年忘れてはいけないこと | トップページ | 命の重み »