« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~

平成27年1月25日(日)市民会館小ホール

主催 愛知県・日進市・一般社団法人消防科学総合センター

講師 池田恵子氏(静岡大学教授)

「男女双方の視点で、災害に強い地域づくりを」テーマに防災セミナーが行われ、特に地域の防災組織や避難所運営組織に女性の視点が取り込まれることがいかに大事かを様々な事例を元にお話をされた。

阪神淡路大震災から、20年目の節目の年でも有り、阪神淡路の例、各地の地震災害や土砂災害の例、東日本の例など、なるほどその通りと思うことがお話にたくさん出てきた。

避難所は身動きとれないような多くの人が利用することになる。その中で授乳室、着替え室、暗がりに設置されるトイレの安全性、赤ちゃん連れや車いすの高齢者、障がい者の方への配慮が出来るかという時にやはり、避難所運営委員の仕切れる立場に女性が必要だと言う事例をききながら、正にそうだと思い出したことがあった。

20年前、神戸にボランティアに行った時も、特に女性達から、それぞれの年代に必要な衛生用品が本当に不足していたり、赤ちゃんのほ乳瓶を消毒できず、ミルクは来たけれど本当に心配だという声をよくきいた。

神戸の女性団体とつながる事が出来、必要なほ乳瓶のつけ置きするタイプの消毒液をたくさん送ったこともあった。

日進ではこうした声を行政に届け、早い段階で高齢女性の衛生用品や、粉ミルクとつけ置き消毒液はセットで備蓄倉庫においてもらうことが出来た。

また防災会議の委員にも女性が少ないこと、地域の防災訓練も女性は炊き出し、男性が力仕事という性別の固定化も見直すべきというお話があった。

特に満席の客席は男性のそれも役員ぽい方が多かったので、このテーマで聞いていただけたのは良かったのではないかと思う。

言われてみれば防災の研修は多いけれど、実際に避難所となる小学校の体育館を仕切ったり、いざという時どうするかという訓練はしたことが無いねという話があちこちの席から出ていた。

実際に避難所になるときの模擬訓練の重要性を痛感した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年忘れてはいけないこと

2014年もあっという間に楽しいことも、辛かったことも歴史の1ページに替えて過ぎようとしている。

やっぱりいろんな事があったけれど、とくに命、平和に思いをはせた年だった。

平和でなければ、行政も議会もぶっ飛んでしまう。平和だからこそ、政策の議論も出来る、予算の編成もこの先が見通せるから、できることだ。

新聞を見ると若い世代の意見や文章に「戦争」という活字が例年になく目についた。

原発や集団的自衛権など命に関わる事よりも経済が声高に叫ばれた年末の駆け込み衆議院選挙。結果は本当に民意が反映されているのかと恐ろしくなったが、これがこの国の現実だ。

それでも愛知では、脱原発を掲げた3人が、見事に小選挙区で当選を果たした!この事実は本当に重い!特に15の議席で、女性の衆議院議員は山尾しおりさんただ1人!もっと暮らしのことを取り上げてもらうためにも女性の政治参画が活発にならないとと強く思う。

山尾さんにはさらに頑張って、良い仕事をしていただきたい!

立憲フォーラムを自ら立ち上げ、平和、脱原発にも真っ正面から取り組む近藤昭一議員にも一層ご活躍いただきたい。

そして、地方のことは、私たち地方議員が精一杯頑張らねば!この思いをさらに確認して次の年に向かうことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザに当たり!

2015年1月19日

ちょっとせきが出るかな。朗読の勉強会の時ちょっとだるい感じ。あーあ寝不足がいけないなあ・・・いろいろと用事をして、夕方内科クリニックでお決まりの血圧の薬をもらいによる。

先生いつものお薬お願いします。ちょっと咳が出るのでついでに咳止めも。

え?熱は昨日は6度2分です。

え?今9度2分ありますか?それ私ですか?そんなにあります?

え?ついでにインフルの検査も?

え?当たり?私インフルエンザ?

あららと思うまもなく、薬をたくさんいただき、外出禁止令5日間!この日に会ったたくさんの人にとりあえずインフルエンザの報告。うつしていたらごめん~

熱もすぐ下がり、家の中では動けるし、食欲は旺盛。どうやって5日間も?

1日は猫と犬とごろごろしながら、TVを見まくり、DVDもみまくり・・・・

結局貧乏性でごそごそ片付けたり、ごそごそしてあっという間に極楽生活は終わり!

たまにはだらだらするのもいいなあ。

でもこのインフルの猛威!友人と約束をとろうとメールすると相手もインフルで出られず。

看護師さんが死亡したとのニュースも有り。侮るべからず!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市計画塾

都市計画や開発のあり方についてきちんと勉強したいと思ったのがきっかけで、既に勉強会は7年以上になる。

年4回、5,6の自治体の議員が集まり、講師の先生から体系的に都市計画を学ぶ、特に国の新たな動きなどもいち早く教えていただけるのはとても参考になる。

第2部では、各市町の課題について、何が問題か、どのように解決に向けて考えたら良いのかなどを検討し、講師からの助言をいただく。

都市計画図も各市町比較すると、とても違う中でその町の成り立ち、個性が見えてとても興味深い。

各市町の課題も自分の町にも同じ状況がないか参考になる事ばかりだ。

たまには課外授業でアルコールとともにまちづくりの大放談会!こうした時間がまちづくりの思わぬヒントになる!!

今後も大事にしたい集まりだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月議会トピックス②

平成26年12月議会トピックス②

市長など特別職、議員の期末手当を引き上げる条例改正議案にちょっとまった!

今回国の人事院勧告は7年ぶりのアップを示し、日進のように小さな町は市で人事委員会を持たないので、この勧告が客観的だと、今までも人事院勧告に従ってきた。

今回長久手市は、市長等特別職の期末手当アップは上程されず、議員の期末手当アップは、議会で否決された。学ぶ事多し。

白井と舟橋議員は、2人で、日進では小規模事業所が87%、商工会会員が毎月26~43箇所も廃業されている中で、とても日進の市民感情にはそぐわないと会派「クリエイティブ日進」から補正予算の中で、市長、副市長、教育長、議員の期末手当0.15ヶ月分引き上げの合計、2,378千円減額の修正案を提出しましたが、否決されました。

●市長等特別職の期末手当を引き上げる議案に反対した議員

白井、舟橋、島村、坂林(4名)

●議員の期末手当を引き上げる議案に反対した議員 

白井、舟橋、島村、神谷、坂林、下地、折原(7名)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月議会トピックス①

ブログも字数オーバーだと記事が飛んで行ってしまう~。

12月議会トピックス

①「余語充伸議員に対する辞職勧告決議が賛成多数で可決!!」

この事件は10月27,28日、議会で議決されている公務の総務文教常任委員会の視察(神奈川県秦野市、埼玉県市町村会)で、1日目の夜一人で夜中に新宿歌舞伎町に呑みに行かれ、夜中の3時半、泥酔のため4人の警官に連れられてホテルに戻る。

翌朝、「体調不良」で、2日目の視察は出られず欠席。

昼食時も帰路も合流されず、1人で日進に戻られる。

公務の視察を泥酔による体調不良で欠席は

●職務遂行違反

●議会基本条例、議員政治倫理条例違反

に当たり、市民の信頼を著しく失ったとして、「議員辞職勧告決議」が提出され、賛成10、反対8で可決される。しかしながら、余語議員は、体調不良での欠席を理由に議員辞職勧告決議は乱暴だとして応じず。

決議に賛成議員 白井、舟橋、鈴村、杉山、下地、折原、坂林、島村、神谷、正木(10名)

決議に反対議員 小野田、福岡、永野、古谷、近藤、渡邊、小屋、大橋(8名、本人除斥)

皆さんはどう思われますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成26年12月議会始まる

12月議会がスタート。

白井えり子は、一般質問〔年4回の定例議会で当局に質問出来る貴重な機会。持ち時間は20分間。白井は年4回のチャンスを逃がすことなく毎回質問にたっています)

①「健康都市・日進」づくりを!

健康寿命の伸長、糖尿病予防対策、中学生からのピロリ菌検査の導入

子どもの体力低下への対応など

②地域での包括的なケアシステムづくりの推進を

要支援者へのサービス提供、地域での互助・共助を企画調整する地域ケア会議、多様なケースに対応する包括支援センターの充実など

③児童保育のさらなる充実をめざして

日進市次世代育成計画の実施状況・成果・課題、平成27年度以降の子育て支援計画などについて

④セクハラ、パワハラ、マタハラ対策

9月議会の第2弾

を質問。

議員の自分達は、市民からよせられた苦情や提案を何とか形にしたいと、過去の状況や周辺の自治体の調査など行ってから、質問をし、実がとれるようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津軽三味線 杉山大祐

2015年1月9日

日進の生んだ 津軽三味線奏者 杉山大祐くんの(もう君なんて呼べないね。)ランチコンサートが、名古屋の宗次ホールであった。

若竹の様にすくすくとそして清々しい演奏!始めてデュオを組まれた女性の方との息も合って、新年にふさわしい演奏でした。

ホール一杯のお客様も老若男女入り乱れて、杉山君を応援するファンの幅広さを見た感じがした!さすがだね!

日進の市制20周年でも大ホールで演奏していた。

日進の皆さんがついている!大ホールの舞台も、海外演奏も貴方なら出来る!!!

コンサート後ファンクラブの決起大会!

いいぞ!!若い人の活躍のためにみんなが応援。是非日進から世界に羽ばたけ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年⒒月26日ピアノデュオ・クロヴァッツ記念コンサート

2014年⒒月26日

日本青年館大ホール 日本青年館ファイナルイベント

ピアノデュオ・クロヴァッツ記念コンサート

2020年の東京オリンピックの関係で、日本青年館も移転することになり、この会場では最後の演奏会となった。

以前からそのオーストリアの兄弟デュオのすばらしさはきいていて、一度きいてみたいとずーっと思っていた。正に今だ!と午前中包括支援関係の会議を終え、上京。長男、義妹(ピアニスト、作曲家)と、前から3列目の弾き手の手が見えるシートで聞くことが出来た。

何十年の人生の中で、2台のピアノの音がびんびん身体に入ってくるのはひさしぶりだ!!勿論、銀髪のお二人の落ち着いた深みの漂うお姿も本当にステキ!

仕事も、生活も自分としては毎日精一杯おこなっているつもりだ。

足りないのは「文化!!!」。人は文化無しでは生きられない。砂が水を吸うように心、身体がこの音を吸い込み、自分が癒やされ、元気になっていくことが実感出来た!

東京で働いている長男やピアノはプロの義妹と一緒に聞くことが出来たのも本当にうれしいことだった。

勿論CDもサイン付きで買い、握手と写真もとりました!!!

夜は、外苑のイチョウの葉を踏みしめながら、皆で美味しいワインとご飯!

命の洗濯の一夜でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相続税と遺言書の勉強会

⒒月5日 日進市地域女性団体連絡協議会主催の

「相続税と遺言書のいろは勉強会」

講師は、今人気大ブレークのイケメン司法書士平良一器さんとみっちゃんこと松阪光明さんのコンビ!

難しい税金、特に相続税の基礎控除が5000万円から3000万円に引き下げられるお話。今や相続税はお金持ちの話ではなく、庶民に係ってきますよ。皆さん元気なうちに準備を。

「あんなに素敵なご家族も、やっぱり「争族」に」

「遺言書を残されたのは良かったけれど、開けてみたら、2つの土地を兄弟2人で仲良く分けろ。あまりに条件の差がありすぎる2つの土地。どうやって分ければいいの~。おーい天国のお父ちゃんちょっと降りてきて、説明してくれ~。

遺言書は事細かく指定をしましょうね」等々、実例を挟みながら、実に巧みな話術とテンポ、まさに「吉本?」

皆さん居眠りするどころか、泣き笑いしながらのめり込んできいておられた!

そうだ!私も今夜愛する夫と子どものために、遺言書をしたためましょう!

いざいざ!あれ?我が通帳はいずこ~。とほほ。まずはお片付けからですね。

タイムリーな企画に主催者に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私たちのまちの医療と介護」講演会に参加

⒒月22日(土)於あいち国際病院ホスピス棟

地域包括ケアシステムの学習会が活発にあちこちで行われている。

もう待ったなし!

あいち国際病院、老健愛泉館主催の講演会では、立ち見が出る中、井手宏先生が「私たちのまちの医療と介護」住み慣れたこのまちで安心して暮らすためにのテーマでお話をされた。

特に医療の視点から、日本の今後の人口動態、介護保険の状況など分かりやすくお話いただいた。どこでどのように死にたいか。簡単に死ぬ事もできない・・・

日進には3つの包括支援センターが早くから有ることはすごいことだと指摘された。

包括支援センターが地域包括ケアシステムの要だ!今後の日進の進むべき方向を思いながら講演、質疑応答をきいた。

どこも地域包括ケアシステムをいかに構築すべきか悩んでいる。悩む中で良いものが生まれることを期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清渓セミナーに参加

今回で第19回を迎える清渓セミナー(全国の超党派の首長、議員で構成する勉強会)が11月12日から14日、2泊3日で新宿区の日本青年館でおこなわれた。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、長年利用してきた青年館も移転するためファイナルのセミナー開催となった。

第1日目
講座Ⅰ 「2040年896市区町村自治体が消滅する!?」
増田 寛也 (元岩手県知事)

講座Ⅱ 「地域再生への挑戦」
山内 道雄 (島根県海士町長)

第2日目
講座Ⅲ 「地方創成〜女性が鍵」
堂本 暁子 (前千葉県知事)

講座Ⅳ パネルディスカッション 「地方議員、議会の実情とは!」
パネリスト:
竹信 三恵子(和光大学教授)
両角 穣 (東京都議会議員)
コーディネーター:白井 えり子

講座Ⅴ 「安倍政権の行方」
福岡 政行 (白鴎大学教授)

第3日目
講座Ⅵ 「復興に向けて」
野田 武則 (岩手県釜石市市長)

白井は第二回から参加を続け、おかげで全国にたくさんの首長、議員、大学教授などのお仲間ができ政策上本当に参考になっている。
今回は講座Ⅳの「地方議員、議会の実情とは」のコーディネーター役をおおせつかり、家事労働ハラスメントを社会に訴えた竹信先生、東京都議会議員みんなの党両角氏と議員の資質、議会のあり方について議論していただいた。会場の参加者との質疑応答や意見交換も活発に行われ、関心の高さがうかがえた。

増田氏の人口減少は全国的な課題であり、日進も現在は人口も増えているがすでに学校の児童数の減少やスーパーの相次ぐ撤退、住宅地の空き家の急増など注意してみていかねばならない。

海士町の取り組みは自治の重要さを痛感。一度視察に訪れてみたい。
堂本さんも相変わらずエネルギッシュに動いておられ、国のいう女性が輝く施策も含め女性政策がなかなか進まない抜本的な問題などを熱く語られた。

清渓セミナーは「東北を忘れてはならない」と必ず講座がある。釜石市市長から当時と現在の様子の報告があり、迫力が違う!と皆さん身を乗り出してきいておられた。

白鴎大学の福岡政行先生は、セミナーの顧問的存在でやはり第二回からずっとご協力いただいている。
どの講座も 内容が濃く今回も学ぶことがとても多かった。

またこのセミナーは早稲田大学鵬志会の学生さん達にサポートスタッフでお手伝いただいている。皆さん政治に関心が高く、夜は参加者といっしょにこれからの国のあり方、地方政治のあり方、若者と政治などわいわいがやがや老若男女で大議論!若者たちの率直な意見や提案を聞ける貴重な時間をもつことができた。

こうしてお世話になったこの青年館での清渓セミナーは会場満杯約130名の参加者 の熱気の中で無事終了することができた!

新しい青年館オープンは2017年。この間は会場を別のところを借りてでも継続しよう!こうしてまた来年へのファイトを燃やす私達懲りない実行委員だった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年3月 »