« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年10月

2014年10月メモ

10月4日  日進市制20周年記念式典

思えば20年前、私が40歳で議員になって1期目にこの市制の問題があり、それまでの行政、議会のあり方について住民の方のご不満が、この機に一気に吹き出した感があった。

情報公開条例もなく、情報はなかなか正しく伝わらず、このような中での市制移行は時期尚早と2万人以上の反対署名が積まれ、市制移行は半年遅れの平成6年10月1日となった。(この打開策のため、都市計画税は日進は半額となった)

もめたが故に、行政も議会もそして市民の方も新たなステップに本当に頑張ったと思う。

議会も会派が出来て切磋琢磨の議論をしたり、議会だよりも議員だけで発行するようになった。職員組合も作られ、職員も新たな会議やステージにのるため、政策について白熱の議論をするようになった。

情報公開条例、非核平和都市宣言(これも20年!新たな取り組みが求められるが)など次々に「市になったんだから!」を合い言葉に、市民が主役の「日進市」作りに市民の皆さんも本当に頑張ったと思う。

映像が流れる中、この20年が走馬燈のように流れました。

表彰を受けられる多くの団体や個人の皆さまがこの20年市にお任せではなく、自らも立ち上がりこのまちを作ってこられた歴史に拍手!!!

今はその機運があるだろうか。

次の世代につないでいくために、行政も議会もそして市民の皆さんも新たな次の20年のために頑張りましょう!!!

5日  台風が心配される中、日進まちづくりの会が主催される福島応援映画上映会「家路」が上演された。

故郷や普通の暮らしを自らの意思ではなく突然奪われることの不条理、哀しみが痛いほど胸に重くくる映画だった。

このような状態の方がまだ何万人もいる中で、再稼働の動きなど本当に如何なものか。

この猛暑も全ての原発が止まっていても乗り越えられたではないか。

急に国がソーラーソーラーと旗を振り、巨大な投資をしてきたのに、電力買い取りは?本当に政府がどこに向かおうとしているのか疑問を持たざるを得ない。

一人NPOで全国を回っておられる女性が、原発から巨大なソーラーシステムに乗り換えるのではなく、いかに電気を使わない暮らし方をするかです。と講演でいわれたことが思い返される。

7日  日進健康講演会「地域包括ケア・地域医療ビジョンと健康」

~住み慣れたまちで、健やかに暮らすために~

名古屋大学 水野正明氏 

何度も日進市で講演をされ、ファンがとても多いとか。分かり易く、地域包括ケアの背景の高齢化の問題、社会保障改革の方向性、地域包括ケアシステムの必要性、地域医療ビジョンについて等お話いただいた。

特に地域包括ケアシステムと地域医療ビジョンのあるべき姿はまだ良く見えていないという問題がある。自治体の共通の課題として、「高齢者の自立(健康寿命の延伸)」として、前期高齢者では、脳血管疾患対策。生活習慣病予防(運動、食事、睡眠)。後期高齢者では、認知症等の予防。そのための介護予防として、運動、食事、認知症予防対策が必要とのお話があった。

特に病気に対しては、対象療法に予算をかけてきたが、予防にもっと力を入れるべき。今後、医療の需要予測がまだまだ伸びる中で、地域医療資源は対応出来るか。生涯支援型市民ネットワークをどう作るかが課題。

自治体がやるべき事、市民がやるべき事が山積している!

多くの市民の方が聞きに来ておられた。共通の認識を持つことがとても重要だ。

10日 三重県松阪市長  山中光茂氏講演会(於市民会館小ホール)

どこが問題?集団的自衛権・閣議決定~平和の翼を次の世代に届けよう~

日進市議会からも、6月議会において、「憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に反対する意見書」が可決され、直ちに国に送られました。

しかしながら、7月1日に、政府は集団的自衛権の行使は憲法改正しなくても出来るという「閣議決定」をしました。山中市長はこの閣議決定は憲法違反だと自ら市民団体「ピースウイング」を立ち上げました。

当日小ホールはほぼ一杯になり、山中市長の毅然と命や平和の大切さを訴えられる姿には本当に感銘を受けた。こうした首長が日本にいてくれることはせめてもの救いだ。

ピ-スウイング議員の会もつぎつぎと誕生している。

⒒,12日  福島県川俣町「第40回コスキン祭り」に市長、議長、三常任委員長に議案内があり、都合のついた白井、舟橋の2名が代表として記念の式典に出席のため、夜行バス、早朝の東北新幹線、レンタカーを乗り継いで、10時の開会式に参列した。

ご紹介とご挨拶をさせていただき、2キロほどのパレードにもアルゼンチンのポンチョを貸していただき、アルゼンチン大使夫妻らと歩くことが出来た。

今回木祖村さんはご都合で来られませんでしたが、まちの皆さんが遠くからよく来てくれたと歓待してくださり、人がつながる事の大切さを実感した2日間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月のメモ

いつも9月は決算議会もありばたばたとすぎてしまう。疲れた夏から、しっとりとした秋へとうつろうはかなげな時間がとても好きだ。

一方で台風など災害の月でもある。

台風、広島市や各地の土砂災害、御嶽山の爆発・・・正に災害列島だ。

それなのに、原発ゼロの目標は消え、原発再稼働に向けて秒読み体制に入っているこの状況は信じられない。

9月1日 「防災の日」は1960年内閣の閣議了解の元に制定された。12時ジャスト学生インターン2名と会派の2名の4名で会派室にて「シェイクアウト訓練」に参加した。1分間が本当に長く感じられた。

2日 9月議会開会

今回の注目は、決算特別委員会として、議長、監査委員を除く全員で25年度の決算審査を行う事だ。10,11,12日の3日間、大会議室を使い、傍聴席も設置しておこなった。一言も発言されない議員もいて、思ったより粛々と進んだ感じが強い。

予算、決算の審査を全員で行うのは非常に重要だと思う。

9月議会の一般質問は、4,5、8日。議長を除く19人中14人が質問。白井は5日の2番手。

20分間にどう盛り込むかいつもいつも反省と挑戦ばかり。

特に今回は2ヶ月間ドットJPの学生の議員インターン生を会派で2名受け入れている関係で、こちらが審査される立場で緊張する。若い人には議会や議員がどううつるのだろうか。

白井の一般質問項目は、

・防災対策はこれで良いのか。

・「生活困窮者自立支援法」が制定され、27年4月から施行。対応準備はいかに?

・地域包括ケアシステム作りの対応は進んでいるか?

・職場のパワハラ・セクハラの状況、対策はいかがか?

7日 市政20周年の体育協会の綱引き大会に、盛り上げのために議員チーム(男女各4名混合)も出場。

一般質問の資料集めや原稿作成に追われ、1回だけ練習して本番。年齢も一番高いと思いますが、そんな甘い競技ではありませんね。何回か対戦してかろうじて1勝。奥のふかーい競技でした。

子ども達の白熱の決勝戦に、スタッフの方の一言。「綱引きにスターはいりません、全員あきらめずに頑張るチームが勝てるのです!」学ぶことの多い1日でした。

8日 「お月見どろぼう」今年は早い日にちのため、暑い中で子どもも大人もばたばた汗だくで走り回ることに。

4時頃には文庫の特別バージョン「お月様の本」読みは100人以上の子ども達でにぎわい、「疲れたけれどたのしかったね。また来年!」と読みきかせのおばちゃん達もうれしそうでした。

こんな楽しい行事はみんなで守っていきたいものだ。

10,11,12日   平成25年度決算を試行的に議長、監査委員を除く18人で3日間にわたり、活発な審査を行った。市民病院や直営の消防など持たない本市の決算は厳しく見ていかねば。使ってしまったお金は仕方が無いという方がおられるが決算をきちんと検証することが、次年度の予算にいきてくるのでとても重要だ。

13日  「折戸敬朗会」に出席。私の住む地域の敬老会はあえて「朗」を使い、そのセンスに拍手!

14日 「日進夢まつり」、夏休みの週末のお天気が続けて悪かった事もあり、この日が実質夏休みの終わりという感じだった。遠く福島県川俣町の子ども達のフォルクローレの演奏もあり、こうした交流が一層活発になる事を願いたい。

次の時代を作るのはこうした子どもたちだ!

17,18日 議会3常任委員会。今回私の所属の市民厚生常任委員会には15議案の審査があった。27年4月から始まる新たな保育制度に関する条例も多かった。この新たな保育制度は本当に有効か、詰め切れていないまま見切り発車の感は否めない。

今回は市で決められる裁量が増えたと言うことは市の姿勢が試されることでもある。

認可外保育所に195名ほどの子ども達が世話になり、結果厚労省への報告は「待機児童ゼロ」。丁寧に考えないといけない課題が山積みだ。

20日  政治スクール講師(於美濃加茂市)

岐阜県の市議の友人が次期統一選挙をふまえて、5回シリーズのバックアップスクールを行っている。その5回目に講師を頼まれ、少しでもお役に立つならと出かけた。

政党や組織もなく、始めて選挙に挑戦する人たちにはこうした学習会が必要だ。友人のがんばりに脱帽。おりしも話題の美濃加茂市は翌日から市議会議員選挙。実践フィールドそのものだ!皆さんの健闘を祈る!

議員の質や政務活動費の使途について問題が噴出している中で、市民から信頼されるよういっそう努力が必要だ。

21日 「あゆみ祭り」参加。学生インターンも一緒に参加し、日進の障がい当事者、ボランティアの皆さんとともに動く日進の状況を見てもらうことが出来たと思う。日進にとっても財産のあゆみ、今後も障がいをお持ちの方の就労のあり方を考えていきたい。

22日 「訪問看護とは」の学習会に参加。在宅医療のあり方について学習する貴重な機会となった。

27日 「都市計画学習会」定期的に年4回ほど周辺の議員達と情報交換も含め続けている。

各市町の課題や国の法律の変更など、皆で学習することは本当に重要だ。

29日  AHIにて研修生の研修の一環として、日進のまちづくり、女性の政治参画などのセッションに参加。地域のリーダー養成は私達にもとても参考になった。

30日  本会議閉会。決算議案についても、様々な指摘をして賛成としました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月メモ

8月は平和や祖先などに思いをはせる月だ。

7月31日 福島の親子さんを朝送り出し、ほっとするまもなく、午後は山形県酒田市に飛行機でとぶ。全国の首長、議員で構成される「清渓セミナー」の実行委員会が酒田で開かれるためだ。夕方の実行委員会で⒒月のセミナーの打ち合わせを行い、夜は酒田市議会議員を交え情報交換会。地方の議員の熱意にいつも共感と刺激を受ける。

8月1日 酒田市の市議の案内で、風力発電の視察、映画おくりびとのロケ地の見学、世界的写真家土門拳美術館、日本三大つるしびなの制作地など貴重な時間を過ごさせていただいた。

酒田訪問は初めてだったが、北前船によるまちの歴史、文化など奥深いものに触れることが出来、学ぶことの多い2日間だった。

2,3日 「平和の集い」のお手伝い。日進市は行政と市民団体が協働でこの事業を行っている。毎年企画、展示も工夫され、多くの市民が「平和」についての想いをより広げようと努力されている。

これは非常にめずらしいケースなので、もっと発信すべきだと思う。

5日 尾三十一市合同研修会が清須市で開かれるため、全議員バスで向かう。文化会館に十一市の議員が集合。ところが待てどくらせど講師が現れず。

講師が都合でこられないとの事でまた全員が帰途に。暑さも加わり、担当事務局の詰めの甘さに本当に腹のたった一件だった。これを教訓に念には念をと自分にもいいきかす。

6,7日 議会運営委員会行政視察。静岡県藤枝市、東京都町田市を視察。

両市ともに議会改革が進んでおり、大変参考になった。この成果を持ち帰り、日進の議会運営に活かさねば。

8日 愛知県、関係の主催による「防災カレッジ行政コース」を受講。9時半~17時まで、缶詰状態で様々な講義を受ける。開催場所が名古屋大学、防災センターなのでとても参考になる、休憩時間には防災センターの中を見学でき収獲の多い1日となった。

9,10日 台風を気にしながら、長野県大鹿村に出かける。大鹿村とは20年以上交流が続いている。「何もないのは何でもある!」財政力は高くなくても、合併をせず頑張る気概と知恵があり、何と言っても笑顔が多い!村に学ぶことも多い!

11日 周辺の議員の仲間、インターン生とともに、愛知県警の性犯罪被害者支援センター「ハートフルあいち」の取り組み、一宮市の「コミュニティスクール」を視察。

特に、民間の大雄会病院が有ればこそ、警察、病院、サポートの体制がとれ、県内初と言うことが分かった。

13,14,15日  地元折戸の盆踊りに参加、その後実家のお墓参りなどに。

「帰省ラッシュ」は大変だが、故郷や親御さんの元に帰ることは本当大切にしたいことだ。

待っておられる方はどんなにこの日を心待ちにされていることか。私も孫ができていっそうそんな思いが強くなる。帰る故郷があることはすばらしい。待っていてくれる人があることは本当にうれしいこと。親や故郷に感謝する帰省ラッシュは大事なこと。

18日 日進市の防災会議を学生インターンとともに傍聴。

各地で土砂災害など次々おこる中で、日進市も脇を締めて、災害対策を考え直さないといけないと痛感。これからパブコメで市民の皆さんからご意見をいただいて新しい防災計画が完成するが、防災マップも宝の持ち腐れにならないよう各地区での説明会など実効性のあるものにしなければ。

19日 東京の地方自治総合研究所の菅原先生を講師に、周辺議員、市民の決算学習会。

毎年決算を周辺の自治体の決算カードで比較検討、各自治体の個性や課題が見えてとても貴重な機会だ。

22日 竹の山のチャレンジド夏祭りに参加。途中から雨がひどくなり残念だったが確実に地域に定着してきている。うれしいことだ。

27日 車いすマップの「ハッピィマップ」の定例会に学生インターンと参加。

大学の講義では分からない障がい当事者の声をおききでき、学生にも良い経験となったようだ。何のために議会があり、何のために政治があるのかも実感出来ただろうか。

31日 事業の外部評価を傍聴。うーん、うーん

暑い8月も終わり、またもやばたばたと、9月議会に突入~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年1月 »