防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~

平成27年1月25日(日)市民会館小ホール

主催 愛知県・日進市・一般社団法人消防科学総合センター

講師 池田恵子氏(静岡大学教授)

「男女双方の視点で、災害に強い地域づくりを」テーマに防災セミナーが行われ、特に地域の防災組織や避難所運営組織に女性の視点が取り込まれることがいかに大事かを様々な事例を元にお話をされた。

阪神淡路大震災から、20年目の節目の年でも有り、阪神淡路の例、各地の地震災害や土砂災害の例、東日本の例など、なるほどその通りと思うことがお話にたくさん出てきた。

避難所は身動きとれないような多くの人が利用することになる。その中で授乳室、着替え室、暗がりに設置されるトイレの安全性、赤ちゃん連れや車いすの高齢者、障がい者の方への配慮が出来るかという時にやはり、避難所運営委員の仕切れる立場に女性が必要だと言う事例をききながら、正にそうだと思い出したことがあった。

20年前、神戸にボランティアに行った時も、特に女性達から、それぞれの年代に必要な衛生用品が本当に不足していたり、赤ちゃんのほ乳瓶を消毒できず、ミルクは来たけれど本当に心配だという声をよくきいた。

神戸の女性団体とつながる事が出来、必要なほ乳瓶のつけ置きするタイプの消毒液をたくさん送ったこともあった。

日進ではこうした声を行政に届け、早い段階で高齢女性の衛生用品や、粉ミルクとつけ置き消毒液はセットで備蓄倉庫においてもらうことが出来た。

また防災会議の委員にも女性が少ないこと、地域の防災訓練も女性は炊き出し、男性が力仕事という性別の固定化も見直すべきというお話があった。

特に満席の客席は男性のそれも役員ぽい方が多かったので、このテーマで聞いていただけたのは良かったのではないかと思う。

言われてみれば防災の研修は多いけれど、実際に避難所となる小学校の体育館を仕切ったり、いざという時どうするかという訓練はしたことが無いねという話があちこちの席から出ていた。

実際に避難所になるときの模擬訓練の重要性を痛感した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平成27年4月5日岩崎城祭り

今年はサクラ満開のもとで・・となるはずが、あいにくの雨でしたが、勿論おこなわれました!
福島県川俣町の古川町長と総務課長さんが来られ、ステージでのご挨拶の後、親しくお話が
Img_1498出来ました。
今年もさらに市民の方を川俣町に大勢おつれしますねとお約束しました!

町長さんのご挨拶から、
日進の宮地課長が正式に昨年の4月から川俣の職員になり、今年は原子力災害対策課の課長になられたとか。
また毎年日進市の職員の派遣もしていることに大変感謝と何度も言われていました。
3年間行われた川俣の子ども達の交流事業。今年は企画内容が決まっていないと日進市の当初予算には組まれていませんでした。
Img_1502
内容が確定すれば補正をかけることは答弁にありました。
続けることに意味が有ります。是非続けていくべき事業です。

今回の岩崎城祭りには必ず川俣町のシャモの燻製が販売されるのですが、今年は出店されていなく、お客さんががっかりされていました。

今後とも良い交流が続くことをねがいつつ・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと雛の「つるし飾り」まつり

平成27年4月3、4、5日、藤塚集会所にて、今年も華やかに行われました。
手作りのつるし雛の他、地域の皆さんの様々なおひな様や娘さん用に創られた打ち掛けなどが会場一杯に飾られていました。

Imgp0012_1024x768_4私のおひな様!(昭和26年もの)も、毎年飾らせていただきます。
当時の物の無い時代に母達がそろえてくれた想いに感謝しつつ、家ではとても出せないのをこの機会に飾ることが出来てうれしく思います。

Imgp0013_1024x766_2
イベントでは和太鼓の「我楽鼓」さんの演奏や「名友会」さんの三味線演奏、お抹茶などが楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活動報告4月号

新年度が始まりました!「健康福祉部」「子供福祉部」が新たに組織編成され、福祉ニーズに応えるべく取り組みが始まりました。

4月号では政務活動費の報告も載せています。
日進市の政務活動費は年額150,000円(月額12,500円)使用できる項目も日進では厳しく決められています。

4月も頑張ります!!

拡大するには図をクリックしてください。

Img034_2Img035_2




| | コメント (1) | トラックバック (0)

会派クリエイティブ日進の通信をお届けします。

私たちは、平成23年の4月に当選後、白井えり子、舟橋よしえの2人で会派を組み、精力的に四年間活動してまいりました。
会派の通信は基本年1回市長の施政方針が出る3月議会後に出しています。(市長選挙が有り、通算5号)
今後もパワーアップでさらに頑張ります!!!
拡大するには画をクリックしてください。
Img0301


Img0311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

②平成27年3月議会報告の1

白井えり子は議員活動5期20年。議会ごとに通信で市内全域に配布を続けました。
文字が多くて読み辛いかもしれませんが是非ご覧ください。
拡大するには画をクリックしてください。

Img028_2Img029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

周辺自治体議員・市民予算、決算学習会

年に2回、講師は東京の地方自治総合研究所の菅原敏夫先生。
周辺の状況を比較すると違いがよく見えてとても勉強になる。
資料の出し方でも違うため、お互い自分の自治体にも提案が出来る。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成27年3月議会

平成27年2月23日~3月23日3月議会が行われた。特に新年度予算が注目される。

今年は議会改革の一環で予算委員会を委員長を除く19名で行い、活発な質疑が行われた。

質問は今期最後となるため、政策ネットクリエイティブ日進を代表しての代表質問を行った。

またもやもりもりに盛り込み、人口減少時代の自治体経営から健康都市政策、地域包括ケア、防災などを質問した。

◆3月議会のアラカルトとしては、予算関係では、一般会計予算は223億円。昨年度に比べ、3.7%の減。法人市民税ののびにより、地方交付税不交付団体となったことや、市のハード整備減少によるもの。

◆大きな建物建設や道路整備はないが、保育園の開園、放課後子ども教室の増設、小学校のエアコン設置のスタートなどソフト面に重点が置かれた。

◆介護保険料は全国改定されるが、日進では、月額4370円→5190円の18%のアップ率。

◆市長、副市長、教育長の地域手当。いわゆる都市手当を今回やっと廃止に。現行6.5%が給料に上乗せされている。年間約185万円削減となる。

私たちの会派要望で毎年行っている予算要望で指摘してきたこと。

◆福祉部が福祉ニーズ拡大に伴

い、「子ども福祉部」、「健康福祉部」の2部に。

1822万ほど補助した梅森中部区画整理事業は正式に中止、もともと?の市役所周辺地域整備計画も27年度は休止。日進はどこにむかうのだろう?

会派として、一般会計予算は討論の中で多くの指摘をして、賛成。特別会計の介護保険料関係2議案は反対した。

会派通信を3月29日日曜日全域に新聞折り込みしました。

ここにも貼り付けたいのにうまく行きません。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」上映会

2015年2月7日

日進市障害者自立支援協議会主催の映画会が市民会館小ホールであった。

当事者の人達、ご家族、ボランティアさんなど多くの人々で会場の一番後ろまでぎっしり一杯だった!(私は前の行事から駆けつけ途中入場)

防災の研修や講演会、地区ごとの防災訓練はあるが、この映画を見て、改めて弱者と言われる人たちが、災害でさらにさらに困難な状況に置かれることが本当によく分かった。

まずは避難所運営マニュアルが日進でもあるのか。誰が運営するのか、その中つまり運営側に障害当事者の方がそもそも入っているのか。

避難所になる学校の体育館で実際に通路を確保したりの訓練などしたことがない。早急に市に求めたい。

そういえば議員は何人か見かけたが、参加者の方が、市役所の担当者が来ていないとご指摘頂いた。

この件は縦割り行政のさいたるものだ。担当課に苦言を呈した。

阪神淡路大震災からは20年になる・・・・。

何を学びいかしてきただろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の重み

ずっとここに書き込めなかった・・・・。

シリアに拘束の後藤健二さんの解放を祈り、世界中の人がメール等に署名したり、それぞれができる事で動いた。しかしながら、2月1日の早朝(この日は私の誕生日・・・)に後藤さん殺害の情報がひっきりなしにラジオから流れた。

命の重さを改めて思った。

そして現地には、普通の市民の女性やお年寄り、こども達が毎日おびえて暮らしている・・・。

私たちは何をすれば良いのだろう・・・。

世界中で紛争が起きている。

考え方の違いから、ただ普通に暮らしたいと思っている人々や子ども達が殺されたり、少年兵にさせられたり・・・。

ただ学校に行きたい、勉強したいと願う少女達が狙われたり、多数の少女が誘拐されたり拘束されたりしている・・・。

私たちは平和な日本で三度おごはんも食べられ、学校にも行ける。毎日の爆撃の恐怖などTV画面の中。私たちに何が出来るのだろう・・・。

この1ヶ月日本の国内でも、国立大学の学生が人を殺したかったと何の罪もない高齢女性を殺したり、中学1年生の男子生徒が殺されたり・・・・違う形で、命を考える事が多かった。

そして3月。11日には東北の震災から5年目に入る。

津波で多くの人が亡くなり、残された人々も心の復興も含めて、まだまだ進んでいないこの現実。福島の原発の問題は何が片付いたのだろう・・・。

心から笑ったり、泣いたりできない日々が続いている。

それでも生きていかねばならない!

それでも暮らしていかなければならない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«防災セミナー~男女双方の視点で防災を考える~